//
Search
🇯🇵

AKSYS(株) 個人情報処理方針

AKSYS(株)は、「個人情報保護法」第30条により情報主体の個人情報を保護し、これに関連する苦情を迅速かつ円滑に処理できるよう、次のように個人情報処理方針を定め公開します。

第1条(個人情報の処理目的)

AKSYS(株)は 次の目的のために 個人情報を処理します。処理する個人情報は次の目的以外の用途では利用されず、利用目的が変更される場合には、「個人情報保護法」第18条により、別途の同意を受けるなど必要な措置を行う予定です。

1. ホームページまたはサービスの会員登録と管理

会員登録の意思確認、会員制サービスの提供による本人識別・認証、会員資格の維持・管理、サービスの不正利用防止、満14歳未満の児童の個人情報処理時は法定代理人の同意可否の確認、各種告知・通知、苦情処理の目的で個人情報を処理します。

2. 商品やサービスの提供

物品配送、サービス提供、契約書・請求書の発送、コンテンツの提供、カスタムサービスの提供、本人認証、年齢認証、料金決済・精算、債券の取立てを目的として個人情報を処理します。

3.苦情処理

苦情申出者の身元確認、苦情事項の確認、事実調査のための連絡・通知、処理結果通知の目的で個人情報を処理します。

4. 個人情報の処理業務

顧客相談のための会員情報とホームページまたはアプリ、サービスの利用履歴を使用し、相談顧客当事者から発生する問題を改善、もしくはサービス状況を把握したり、サービスの改善、相談教育を目的として個人情報を処理します。

第2条(個人情報の処理および保有期間)

① AKSYS(株)は法令による 個人情報の保有・利用期間または情報主体から個人情報を収集する際に同意された個人情報の 保有・利用期間内で個人情報を処理・保有します。 ② 各個人情報の処理及び保有期間は次のとおりです。

1. ホームページの会員登録と管理

: AKSYS(株)が運営する下記のホームページまたはサービスから退会するまで保持します。
SHAKS Gamehub
ただし、次の事由に該当する場合には、該当事由の終了時まで保有します。
1) 関係法令違反による捜査・調査等が進行中の場合には、該当する捜査・調査の終了時まで 2) ホームページの利用による債権・債務関係が残存している際は、該当する債権・債務関係の決算時まで 3) その他当社において例外的に必要なその他の事由がある場合、該当事由が終了するまで

2. 財貨またはサービスの提供

: 財貨・サービスの供給完了及び料金決済・決済完了時まで ただし、次の事由に該当する場合には、該当期間終了時まで
1) 「電子商取引等における消費者保護に関する法律」による表示・広告、 契約内容および履行などの取引に関する記録 - 表示・広告に関する記録:6ヶ月 - 契約または請約撤回、代金決済、財貨などの供給記録:5年 - 消費者の苦情または紛争処理に関する記録:3年
2)「通信秘密保護法」による通信事実確認資料の保管 - 加入者電気通信日時、開始・終了時間、相手の加入者番号、使用度数、 発信基地局の位置追跡資料:1年 - コンピューター通信、インターネットログ記録の資料、接続先の追跡資料:3ヶ月

3. <個人情報処理業務>:<保有期間>

4. 個人情報の第三者提供

: AKSYS(株)は、お客様の個人情報を処理目的に明示した範囲内でのみ処理します。 ただし、お客様の同意、法律の特別な規定等の下に該当する場合には、個人情報を第三者に提供します。
1) 個人情報を第三者に提供する基準
お客様から別途の同意をいただいた場合
法律等に特別な規定がある場合
人の生命及び身体に緊急の危険が発生した場合に、情報主体の同意を受けることができない正当な事由がある場合
統計作成及び学術研究等の目的のために必要な場合として、特定個人を把握できない形で個人情報を提供する場合
2) 個人情報を第三者に提供する現況
Search
提供目的
会社名
個人(信用)情報提供項目
利用および保有期間

第3条(情報主体と法定代理人の権利・義務及び行使方法)

① 情報主体はAKSYS(株)について、いつでも 個人情報の閲覧・訂正・削除・処理停止請求等の権利を行使することができます。 ② 第1項による権利行使は、「個人情報処理者名」に対して個人情報保護法の場合、 行令第41条第1項により、電子メール、模写転送(FAX)等を通して行うことができ、 <個人情報処理者名>は、これに対して直ちに措置いたします。 ③ 第1項による権利行使は、情報主体の法定代理人や委任を受けた者等、 代理人を通して行うことができます。この場合、「個人情報の処理方法に関する 告示(第2020-7号)」別紙第11号の書式による委任状を提出しなければなりません。 ④ 個人情報の閲覧及び処理停止請求は、個人情報保護法第35条第4項、第37条 第2項により、情報主体の権利が制限されることがあります。 ⑤ 個人情報の訂正及び削除請求は、他の法令でその個人情報が収集対象 として指定されている場合は、その削除を請求することはできません。 ⑥ AKSYS(株)は情報主体の権利による閲覧の請求、訂正・削除 の請求、処理停止の請求時、閲覧などの請求をした者が本人であったり、正当な 代理人であることを確認します。

第4条(処理する個人情報の項目)

AKSYS(株)は次の個人情報の項目を処理しています。

1. ホームページの会員登録及び管理

․必須項目:氏名、電子メールアドレス、コンピューターまたは端末情報、自動生成されたID ․選択項目:結婚の有無、関心分野、住所、電話番号

2. 財貨またはサービスの提供

․必須項目:氏名、生年月日、ID、住所、電話番号、電子メールアドレス ․選択項目:関心分野、過去の購入履歴

3. アプリ内の相談窓口

․必須項目:氏名、電話番号、電子メールアドレス、コンピューターまたは端末情報、自動生成されたID、住所 ․選択項目:アプリの使用履歴、アプリエラーの発生履歴

4.アプリサービス

․電子メールアドレス、ユーザー接続IPアドレス、スマートフォン情報、自動生成されたID、サービスの利用記録、サービス利用中のエラー発生履歴、使用ゲームパッドの情報

5. インターネットサービスの利用過程において、以下の個人情報項目が自動的に生成され収集されることがあります。

․IPアドレス、クッキー、MACアドレス、サービスの利用記録、アクセス記録

第5条(個人情報の破棄)

① AKSYS(株)は個人情報保有期間の経過、処理目的達成など個人情報が不要になったときは、直ちに該当の個人情報を破棄します。
② 情報主体から同意された個人情報保有期間が経過したり、処理目的が達成されたにもかかわらず、他の法令により個人情報を保存し続けなければならない場合には、該当の個人情報を別のデータベース(DB)に移すか、保管場所を別にして保存します。 1. 法令の根拠 : 2. 保存する個人情報項目:口座情報、取引日
③ 個人情報破棄の手続き及び方法は次の通りです。 1. 破棄の手順 AKSYS(株)は破棄事由が発生した個人情報を選定し、個人情報保護責任者の承認を受けて個人情報を破棄します。 2. 破棄の方法 AKSYS(株)は電子的ファイル形式で記録・保存された個人情報は 記録を再生できないように破棄し、紙文書に記録・保存された個人情報は 破砕機で粉砕または焼却して破棄します。

第6条(個人情報の安全性確保の措置)

AKSYS(株)は)個人情報の安全性確保のため、次のような措置を取っています。
1. 管理的措置 : 内部管理計画の樹立・施行、定期的な職員教育など 2. 技術的措置:個人情報処理システムなどのアクセス権の管理、アクセス制御システム インストール、固有識別情報などの暗号化、セキュリティプログラムのインストール 3. 物理的措置:電算室、資料保管室などのアクセス制御

第7条(個人情報の自動収集装置の設置・運営及び拒否に関する事項)

AKSYS(株)は利用者に適切な情報を提供するため、利用情報を保存して随時読み込む「クッキー(cookie)」を使用するか、Google Analyticsサービスを通じてユーザーのスマート機器および使用する自社製品の情報、使用したアプリ情報を収集するために使用します。
② クッキーはウェブサイトを運営するのに利用されるサーバー(http)が利用者のコンピューターブラウザに送る少量の情報であり、利用者のPCコンピューター内のハードディスクに保存されることもあります。
a. クッキーの使用目的:利用者が訪問した各サービスとウェブサイトに対する訪問及び利用形態、人気の検索ワード、セキュリティ接続の有無などを把握し、利用者に最適化された情報提供のために使用されます。
b. クッキーのインストール・運営及び拒否:ウェブブラウザ上部のツール>インターネットオプション>個人情報メニューのオプション設定から、クッキーの保存を拒否することができます。
c. クッキーの保存を拒否した場合、カスタマイズ式のサービスの利用に不便 が生じる可能性があります。
③ Google Analytics(以下Analytics)の統計サービスは、アプリを通じてサービスを使用する時点で、ユーザーの同意の下に統計サービスを使用しています。これらは、ユーザー層を分析するために使用され、アプリ内の設定→アプリ設定メニューから、いつでも収集をブロックすることができます。
a. Analyticsの使用目的:ユーザーの使用機器やOSバージョン、購入して使用する自社製品に関する情報管理を調査するために使用されます。
b. Analyticsの統計情報の送信拒否:ログアウトすると、情報の送信が中断されます。
c. Analyticsの統計情報の送信を拒否した場合、自社の製品サービスの利用に不便が生じる可能性があります。

第10条(個人情報の保護責任者)

AKSYS(株)は個人情報処理に関する業務を責任を持って総括し、個人情報処理に関する情報主体のクレーム処理及び被害救済等のために、下記のように個人情報の保護責任者を指定しています。
個人情報保護の担当部署 部署名:SW開発チーム 担当者:キム・ソクギュ 連絡先:070-7010-7025、 softk@aksys.co.kr
② 情報主体は **AKSYS(株)** のサービス(または事業)を利用しながら、
発生したすべての個人情報保護に関するお問い合わせ、苦情処理、被害救済等に関する事項を
個人情報保護責任者および担当部署にお問い合わせいただけます。
AKSYS(株)は情報主体のお問い合わせに直ちに対応し、処理いたします。

第11条(仮名情報の処理)

AKSYS(株)は次の目的で仮名情報を処理しています。
仮名情報の処理目的 ユーザーが仮名情報を使用してホームページまたはアプリサービスを使用する際は、該当のユーザーを十分に識別し、使用中に発生した状況を十分に把握するために使用します。 - 仮名情報の処理と保有期間
該当のホームページのクッキー情報を削除、またはアプリを削除するまで - 仮名情報の第三者提供に関する事項
ユーザーの設定によって提供された情報は、ユーザーの機器モデル名、モデルメーカー、OSバージョン、自動生成されたIDに該当します。この情報は、アプリ内でカウンセリングを行う際に使用されます。 - 仮名処理する個人情報の項目 - 法第28条の4(仮名情報に対する安全措置の義務等)による仮名情報の 安全性確保の措置に関する事項 -

第14条(個人情報の閲覧請求)

情報主体は、「個人情報保護法」第35条による個人情報の閲覧請求を 以下の部署で行うことができます。 AKSYS(株)は情報主体の個人情報閲覧請求が迅速に処理されるよう、 努めて参ります。 個人情報閲覧請求の受付・処理部門 部署名:経営 担当者:ユン・ギジュン 連絡先:070-7010-7025、 kjyoo@aksys.co.kr

第15条(権益侵害の救済方法)

情報主体は、以下の機関に対して個人情報の侵害に対する被害救済、相談等を お問い合わせいただけます。
下記の機関はAKSYS(株)とは別個の機関であり、AKSYS(株)の 個人的な個人情報のクレーム処理、被害救済の結果に満足できない場合や、より詳細な サポートが必要な場合はお問い合わせください。
日本の個人情報侵害報告センター - 所管業務:個人情報侵害の事実申告、相談申請
日本の個人情報紛争調整委員会 - 所管業務:個人情報紛争調整申請、集団紛争調整(民事的解決)
大検察庁サイバー犯罪捜査団
警察庁サイバー安全局

第17条(個人情報処理方針の変更)

① この個人情報処理方針は2021.4.1から適用されます。 ② 以前の個人情報処理方針は下記にてご確認いただけます。 - 変更履歴なし